オマハホールデム

オマハホールデムはテキサスホールデムに似ています。
しかし、7枚ではなく9枚のカードから自分の手札を選ぶことができます。
従って、より強いハンドを出せる可能性が高くなります。

1. ホールカード:各プレイヤーに4枚、伏せたカードが配られます。
2. フロップ:テーブル中央に3枚、表向きのカードが配られます。
3. ターン:更に4枚目のカードがテーブル中央に配られます。
4. リバー:最後の5枚目のカードがテーブル中央に配られます。

テーブル中央にある5枚のカードはコミュニティカードです。
テーブル上にある5枚のコミュニティカードの内3枚だけ及び、自分が持っている4枚のホールカードの内2枚だけの、合計9枚のカードの中からベストなハンド(手役)となる5枚を選択します。
しかし、参加している他のプレイヤーも皆このコミュニティカードを使うことができる、という点を覚えておく必要があります。
お金を賭けてプレイする場合、カードが配られるたびに賭け金を賭けるベッティングラウンドがあります(合計4ラウンド)。


コミュニティカードの中から3枚、スペードの789と、自分のホールカードの中から2枚、スペードのJ10を合わせてストレートフラッシュを出すことができます。
 
キングと9のツーペアを出すことができます。
ホールカードにはキングが3枚ありますが、その内2枚しか使えないという点に注意してください。
 
 10のスリーカード(トリップ)を出すことができます。
しかし、コミュニティカードの10のトリップとエース、そしてホールカードにあるエースを合わせてフルハウスを出すことはできません。
コミュニティカードは3枚までしか選べません。
Share on Facebook

カテゴリー ● オマハホールデム