テキサスホールデム

テキサスホールデムは、アメリカから始まり世界中のカジノで一番ポピュラーなポーカーと言えます。

数々のポーカーバリエーション中で最も攻略、戦略法が多く深い読みが必要となるゲームです。
しかしルールは以外と簡単です。
以下ではテキサスホールデムがどのようにプレイされるかが簡単に説明されています。

1. ホールカード(伏せ札):プレイヤー1人ずつに2枚、伏せた状態のカードが配られます。
2. フロップ:テーブルの中央に3枚、表向きのカードが配られます。
3. ターン:さらに4枚目のカードがテーブル中央に配られます。
4. リバー:最後の5枚目のカードがテーブル中央に配られます。

テーブル中央にある5枚のカードはコミュニティカードと呼びます。
テーブル上にある5枚のコミュニティカードと手持ち2枚のホールカード、合計7枚のカードの中から自分にとってベストなハンド(手役)となる5枚を選択します。
しかし、参加している他のプレイヤーも皆このコミュニティカードを使うことができる事を念頭におかなければなりません。

お金を賭けてプレイする場合、カードが配られるたびに賭け金を賭けるベッティングラウンドがあります(合計4ラウンド)。


リミット
リングゲーム(いつでもテーブルに入り、ゲーム終了直後にいつでも終了できるタイプのゲーム)においては、アメリカのカジノで一般的なルールである。
例えば「$2-4のリミット」と言われた場合は、全4回ある賭けの機会(ベットラウンドと言う)のうち、最初の2回(場にカードのない状態&場に3枚開いた状態)では賭け金の単位はビッグブラインドと同額であり、後半の2回はビッグブラインドの倍額となる。

ノーリミット
テレビ中継を行うレベルのトーナメント、特に世界選手権メインイベントで用いられているのが代表格である。
ノーリミットにおいては、プレイヤーは手持ち額全額までかけることが許される(全額賭けることを「オールイン」と呼ぶ。

ポットリミット
最大ベット額は、その時点での賭け金総額までとなる。
ただし、「総額」とは、本人がこれからコールする分を含む。例えばポット$30で2名がプレー、手前の人間が$10をベットした場合、その時点でのポットは$40であるが、レイズする場合は本人のコール分$10を含むため、コール時点のポット$50を基準とし、レイズのリミットは$60(コールに要する$10+ポットリミットレイズ$50)となる。


2枚のホールカード(両方ともクラブ)と、コミュニティカードから3枚のクラブのカードを合わせてフラッシュを出すことができます。
 
キングのペアとクイーンのキッカーができます。
このキッカーはとても重要です。
何故なら、クイーンのようにキッカーが数位の高いカードの場合、相手が数位の同じペアを持っていても、キッカーがクイーン以下である可能性が高く、勝てる確率が高いからです。例えば、相手がキングのペアにキッカーがジャックや5だった場合、自分の勝ちになります。
この場合、相手がエースを持っていたときだけ負けになります。
 
 自分のホールカードは使わないで、コミュニティカードだけを使用しストレートを出すことが可能です。
但し、他のプレイヤーも皆ストレートを出せるということを注意してください。
このような場合、どのようにすればこのラウンドに勝ちポット(合計賭金額)を皆と分けずに独占することができますか・・?
例えばエースを持っているふりをし、ベットやレイズをすることができるかもしれません。
しかし、もし誰かが本当にエースを持っていた場合、レイズやリレイズをされてしまい、自分にとって不利な状況になるかもしれません。
そのような場面を考慮に入れて戦略をたてる必要があります。
Share on Facebook

カテゴリー ● テキサスホールデム