日本人初・ポーカー世界王者「勝利の極意は株式投資」 (2)

ポーカー世界選手権(WSOP)は毎年5~7月に米ラスベガスでメーンイベントのほか、サブイベントも含めて約60種目の競技が行われる。満21歳以上なら誰でも参加でき、参加費は種目ごとに1000ドル(約10万円)程度から5万ドル(約500万円)まで様々。

メインイベントの優勝賞金が1200万ドル(約12億円)に達したこともある。優勝者には大きな賞金が贈られるが、上位10%の入賞者にも参加費の2倍程度の賞金が贈られるそうだ。

■一睡もできなかった3日間

木原さんが優勝したのはサブイベントの「ポット・リミット・オマハ/シックス・ハンデッド」という種目。1日10時間の熱戦を3日間続けた末に参加者419人の頂点に立った。「興奮していたせいか、3日間で一睡も出来なかった」と振り返る。

ポーカー世界チャンピオンのハンド

 決勝の最終局面の模様を再現してみよう。

「ポット・リミット・オマハ/シックス・ハンデッド」では手札のうち2枚、場札のうち3枚からベストの5枚を選び、役を作るのがルール。木原さんの手札は「ハートK、ハートQ、スペードJ、クラブ6」。場札は「スペードA、ハートJ、ハート2」。

役は「Jのワンペア」だけだが、場札の4枚目(ターン)か5枚目(リバー)に10が来れば「ストレート」、ハートが来ればハートの「フラッシュ」が完成する。

一方のクリス・デマーシさんの手札は「スペード2、クラブ3、スペード4、クラブ5」。手札からは2枚しか使えないので役は「2のワンペア」だけ。ただ、場札の4枚目(ターン)か5枚目(リバー)に3か4か5が来れば「ストレート」、2が来れば「スリーカード」が完成する。

■勝負を分けたその瞬間……

 木原さんの手札はまだ「Jのワンペア」だけ。

「Aがペアになっていないので不利かもしれないが、勝機は五分五分くらいだろう」と読んでいた。この時点で持ち点は木原さんが500万点、クリスさんが100万点。すると、クリスさんが持ち点すべてを投入し、ここ一番の大勝負に打って出た。持ち点が少ないので、勝負に出ない限り、ジリ貧になるため、「ここが勝負時」と判断したようだ。

「受けて立つしかない……」。木原さんも同じ額だけチップを提示することにした。

 ――場札の4枚目(ターン)はダイヤ6。

 木原さんはこれで「Jと6のツーペア」が完成。

 ――最後の場札の5枚目(リバー)はクラブ7。

結局、木原さんの「ストレート」「フラッシュ」も、クリスさんの「ストレート」「スリーカード」も完成せず、木原さんがゲームを制することになった。クリスさんとの一騎打ちは40分ほどで終わった。

ポーカー世界選手権の様子

「淡々と普段通りに、投資効率に見合った期待値の高いプレーを積み重ねることができたのが勝因」と木原さん。リスクを恐れて勝負しなければ勝てない――。セオリー通りに勝利を手に入れ、「うれしいというよりも、むしろホッとした」とその時の胸の内を打ち明ける。

■日本人プロはわずか20~30人

ポーカー世界一決定後

木原さんによると、現在、世界にはプロポーカー師が数万人いるそうだ。そのうち日本人のプロポーカー師はわずか20~30人程度。世界チャンピオンになった後、木原さんは海外企業がスポンサーとなり、契約プロとなった。獲得した賞金は、キャッシュゲームで稼いだ資金などと合わせて、トーナメントの参加費に充てる予定だという。

「ポーカーはすべての手が相手に見えている将棋や囲碁と違い、手札が相手に見えている場合と見えていない場合が混在している。だから、運の要素が半分くらいある」。そんなところもポーカーの魅力だといえそうだ。

 木原さんはどんな日常生活を送っているのか?

 普段はインターネットを通じて海外プレーヤーなどと対戦し、技術や技を磨く毎日。

活動している時間は深夜から明け方にかけて。一般人とは正反対の昼夜逆転の夜型生活が続く。「お金を稼ぐだけならアマチュアを相手にキャッシュゲームをしていた方がいいかもしれない。ただ、それだと腕がなまってしまい、肝心のトーナメントで勝てなくなる。だから必要以上にはやらないようにしている」。あくまでも目標は世界タイトルの獲得なのだ。

■5年も優勝できないなら辞める覚悟

「大きな大会の優勝を増やしたい。5年間も優勝から遠ざかっていたら、プロポーカー師など続けている意味がない。さっさと辞めて起業した方がいい」という。そのためには大きな大会でもっと経験を積むことが必要だと感じている。

将来の夢は「誰から見ても世界のトッププレーヤーの仲間入りを果たすこと」。

ポーカー界のスーパースター、カナダ出身のダニエル・ネグラーノ氏のほか、同世代の若手でも多くのスターが誕生している。米国などではポーカーの試合のテレビ中継などもあり、熱狂的なファンが多いそうだ。

5月28日。木原さんは2月に結婚した妻の裕美さんとともに米ラスベガスに旅立った。現在、ポーカー世界選手権に参戦中だ。「今回も世界王者を目指す」と意気込んでいる。7月18日ごろまで米国に滞在する予定。今月中には初めての書籍「運と実力の間(あわい)」(飛鳥新社)も刊行するという。

世界を舞台に多くの日本人が活躍する姿をもっと見たいものだ。

(2013/6/7 日経)

2014 World Series Of Poker

Share on Facebook

カテゴリー ● 注目・話題のトピックス