日本人初・ポーカー世界王者「勝利の極意は株式投資」 (1)

2012年6月、米ラスベガスで行われたポーカー世界選手権の「ポット・リミット・オマハ/シックス・ハンデッド」という種目で優勝した木原直哉さん(31)。獲得した賞金は約51万ドル(約5100万円)。世界選手権で日本人が優勝したのは史上初めて。東京大学理学部を卒業し、プロポーカー師の道を本格的に歩み始めて2年目の快挙だった。

ポーカー世界王者 木原直哉さん

 ●「不利な局面はじっと耐えてマイナスを最小限に抑え、有利な局面でチャンスを逃さずに大きく勝つのが極意。ポーカーは株式投資や会社経営と同じ」

 ●「焦ってもダメ。カーッと頭に血が上ったらもっとダメ。どんな状況でも、いつもと変わらない平常心でプレーし続けることが大切。クセが出ないように心がけている」

 ●「アマチュア相手なら負けることはない。1週間単位の勝負なら運に左右されることはあるが、1カ月単位ならば絶対に勝てる。勝負は運頼みではなく、力量差が必ず出るもの」

 こんな興味深い持論が次々と口をついて出る。

今回は、世界王者の栄冠を手にした木原さんに、「確率論を駆使し、リスクに見合うリターンが期待できなければ勝負を避け、リスクに見合うリターンが期待できれば大胆に勝負する」というポーカーの戦術論のほか、世界の頂点に登り詰めた決勝の模様や日常生活、なぜプロポーカー師になったのかなど過去の経緯について語ってもらった。オンビジネス、オフビジネスの様々な場面で役に立つことが多そうだ。

 まずは木原さんの自己紹介に耳を傾けてみよう。

■「頭脳ゲーム」にはまり東大に10年在籍

「もともと、ノーベル賞を取るつもりで東大理学部に入ったんですよ。でも、次第に授業に興味がもてなくなり、マージャンや将棋、バックギャモンなどの頭脳ゲームにはまるようになっていた。そんなとき、友人を通じてついにポーカーに出合ったんです」。木原さんはややはにかみながら、明るくハキハキとした口調で語り始めた。

 東大を留年、休学を繰り返し、10年かかって卒業したという苦労人。

ポーカーとの運命的な出合いは休学して2年目、つまり、東大に入学してから7年目の2007年のことだったという。「バックギャモンの友人がインターネットでポーカーを対戦している様子を後からのぞき込みながらルールを覚えてしまった……」

■プロポーカー師になったワケとは?

小学生のころからソロバンを習い、数字や計算が大好きな少年だった。「塾の講師とバックギャモンで生活費を稼ぐ生活を送っていたが、ポーカーのほうが稼ぎがいいことを知った。インターネット対戦を通じて短期間で海外プレーヤーなどと多くのゲーム経験を積めたことが役立った」と回想する。

08年、バックギャモンの対戦でモナコに行った際、カジノでポーカーのキャッシュゲームをしたことがある。初めての体験だったが、約7日間で1200ユーロ(約15万7千円)も稼いでしまった。09年には、初めて訪れた米ラスベガスでポーカーのキャッシュゲームをし、約10日間で1万ドル(約100万円)も勝ってしまった。「アマチュア相手だと随分ぬるいんだなと感じた」と木原さん。やはり、ポーカープレーヤーとしての天性の才能があったようだ。

両親は就職を望んでいたが、大学卒業後、木原さんはそのままプロポーカー師になることを決意する。

ポーカーというゲームは、自分の手札が良くなければ「降りる」のが原則。

例えば参加者が8人なら、勝てる確率は単純に8回に1回しかない。だから、確実に勝てる場面をどう見定めるかが重要になる。しかも、その回だけ相手に勝ってもあまり意味がない。最終的にチップ(賭け金)を相手よりいかに多く獲得するかで勝負が決まるからだ。

■投資や会社経営と同じマネジメント

このため、「悪い手札の時にマイナスをいかに少なくし、良い手札の時にプラスをいかに多くするかというリスク管理と勝機の見極めが大切」と木原さんは説く。つまり、投資や会社経営と同じマネジメントの勝負なのだ。

ポーカー世界チャンピオン

ここでポーカーの種類やルールなどの基礎知識を説明しておこう。

 ポーカーの種類は主に3つ。

日本の一般家庭でよくプレーされているのが、5枚のカードを伏せて配り、好きな枚数だけ取り換えるゲーム。これを「ドローポーカー」と呼ぶ。カードが相手に見えないために情報量が少なく、相手の表情や態度などを手掛かりに駆け引きをする「心理戦」が大きな醍醐味となる。

だが、世界的に見ると「ドローポーカー」はかなりマイナーな存在なのだそうだ。現時点での世界の主流は「ホールデム」や「スタッド」だとされる。

「ホールデム」は手札のほか、共通の場札を加えた中から役を完成させるゲーム(「テキサスホールデム」「オマハ」など)。情報量が豊富で戦況が目まぐるしく変わるので愛好者が多い(1998年に公開されたマット・デイモン主演の映画「ラウンダーズ」では「テキサスホールデム」を取り上げている)。木原さんが優勝した「ポット・リミット・オマハ/シックス・ハンデッド」という種目も、この「ホールデム」に属する「オマハ」の1種だ。

一方、「スタッド」は共通の場札がなく、伏せてある札と表を向いている札を手札に役を競うゲーム(「7カードスタッド」など)。これも「ドローポーカー」より情報量が多いので、プレーヤーは様々な読みを働かすことができる(65年に公開された映画「シンシナティ・キッド」では主演スティーブ・マックィーンが「スタッドポーカー」の勝負師にふんしていた)。

役の強弱はどのゲームでも基本的に共通。最も強いのが「ロイヤルストレートフラッシュ」。次いで「ストレートフラッシュ」、「フォーカード」、「フルハウス」などと続く。

■表情や態度の「心理戦」は意外に少ない

ポーカーのハンド

プレーヤーは手札や場札を頭に入れながら、確率論を駆使して勝率をはじき出し、相手の手札やプレースタイルを見極め、「勝負か」「降りるか」「チップをいくら積むか」などの判断をする。

木原さんによると「ブラフをかけるなど心理戦ももちろんあるが、相手の表情や態度から手の内を読むことは意外に少ない。むしろ、チップの出し方など手の動きの方が参考になる」という。

言葉を交わすなど敵に何らかの情報を与えることも自分の不利になる恐れがあるのであまりしない。自分の視線や表情を隠したり、集中力を高めたりするため、世界のプレーヤーの間ではゲーム中にサングラスをかけたり、ジャージーのフードをかぶったりするスタイルも流行しているそうだ。

2014 World Series Of Poker

Share on Facebook

カテゴリー ● 注目・話題のトピックス