デビッド・ハバード、WSOPサーキットメインイベントを優勝

5.26.16

2015年から2016年のワールドシリーズ・ポーカーサーキットシーズンの最後の場所は、月曜日にルイジアナ州のハラーズニューオーリンズで行われた。 $1,675メインイベントには、785名のエントリーを惹きつけ、$1,177万円以上の賞金プールが積み立てられた。

優勝賞金は$235,500に設定され、試合終了とともにデビッド・ハバードにトップ賞、金の指輪、およびグローバル・ポーカー・チャンピオンシップへの参加権利を与えられた。

「私の最初のリングだ、本当に良い感じだ」とハバードは勝利後WSOPに語った。 「私は数多くのトーナメントをプレイした、ディープランも既に十分に行ったから、軍資金はだいぶ無くなっている。だからこそ、ここでのビックチャンスを見逃さず大いに稼がないと思っていた。

私は泣き虫で、いつも妻に文句ばかりを言っていた、「あなたのやってることは、絶対元は取れないよ」と妻にも言われていたが、私もそう思っていた。 ブレスレットイベントで70人が残っていた。最初は運が悪かった。きっとポーカーの神様も私のことを憎んでいると思うほどだった。しかし、この大会で今までにない絶好調に恵まれていることは、想像すらできなかった。

以下、ファイナルテーブルの結果

擷取

ハバードは、5つ目の場所で、3日目、そして最後の日を始めた。残りの相手は15人だった。他の人がファイナルテーブルへ向かってアップローチしているように、ハバードもゆっくりと彼のスタックを増やし、最終的にはファイナルテーブル進出した10名の中で、3位の順番で入っていた。

ファイナルテーブル開始早々、好敵手のライリー・フラーから大きなダメージを受けたが、それも長く続かず、ハバードは他のプレイヤーが思いもよらない逆転プレイでBlake Barousseを9位に留まらせ、その勢いで残りのプレイヤーを一人一人撃破し、王座を手に入れた。

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース