Sofia Lövgren:”ベガスのキャッシュゲームは本物のパラダイス”と

a30a3aba44

888ポーカーは2015年のワールドシリーズで豊かな成果を収めた。200人もの選手を予選に送り込み、アンバサダーの子達もシリーズへの参戦を体験することができた。その中の1人スウェーデン出身のSofia Lövgrenが、WSOPでの経験、及びこれからの計画について語っていた。

”今年は8週間もベガスにいるのは、今までで一番長い滞在だった。”、”その時間をうまく活用しながら、たくさんのライブキャッシュゲームをプレイして、WSOPトーナメント開催期間中や終了後にも組んだパーティーでイベントに参加することができた。”

ベガスでのアドベンチャーはどうだったの?

”結論を一言で言うと、キャッシュゲームで勝って、トーナメントで負けた。でも、パーティーの中では間違いなく勝ってると思う!”

WSOP9つのイベントに参加して、稼げたのは一回だけ。

”バッドビートや寒いストーリーとか退屈させるような話はしない。” Lövgrenは話を続けた。”かなりのスタックでDay2までいって、いくつかのトーナメントでプレイしたが、稼ぐ前にバストしてしまった。”

フリーな時間帯を利用してキャッシュゲーム専攻プレイヤーと化したSofiaは、今年の夏にBellagioとVenetianでおいしそうなライブキャッシュゲームがあると聞いた。

”ベガスのライブキャッシュゲームは私にとって本物のパラダイスだ。あなたは信じられないかもしれないが、スウェーデンに帰ってたった4日しか経っていないのに、私はもうベガスに戻る9月のフライトを予約してしまった!”

a354ebb031

WSOPは9ヶ月ぶりに再会できたプレイヤーとファンの皆ににリベンジの場を設けた。今年の夏はLövgrenと888アンバサダーの仲間たちにリベンジのチャンスを与えた。

”私達は世界中の違う所から集まっているが、素晴らしい絆を結ぶことができた。知り合ってから一緒に楽しいことたくさんしてきた。外で夕食を食べたり、パーティーを開いたり、ビアポンを遊んだりしてきた。”

仲間の一人、Dominik Nitscheが6つのイベントで入賞し、Event #25: $5,000 Eight-handed No Limit Hold’emではファイナルテーブルまで進出していた。

Lövgrenもその道を辿っている。

”NitscheはEvent #25ですごくいいプレイが出来て3位にまで入賞していた。彼女が$10,000 Bellagio Cupでのディープランを見て冷や汗をかいた。ちょうど同じ時間に私もそこでキャッシュゲームをプレイしていたからだ。”

夏が終わり、Lövgrenは今年後半に開催されるイベントに目を向けた。年末までの間に行われる全てのトーナメントに、彼女は訪ねるつもりでいる。はじめは、バルセロナのEuropean Poker Tour (EPT)だ。

”スウェーデンの家に帰って家族と数日を過ごしたが、もう秋のプランを考え始めた。私の独身生活は少し変わった。来月のEPT Barcelonaは紛れもないチャンスだ。海辺のカジノでたくさんの友達に囲まれながら、、、”

”ライブキャッシュゲームも、もう少しうまくやれるようになりたいし、9月の一部の時間はベガスとマイアミで過ごしたいと思う。ヨーロッパ以外の所でこれほどのポーカーをやったことがないが、私の初めてのWorld Poker Tourはもう秋にアメリカで開催されるイベントにしようかと考えている。”

Sofiaも新しい年にアジアでのポーカー体験ツアーを計画している。

”アジアには仲の良い友達がいて、あそこへ行こうと本気で思っている。2015年は私のプロポーカー生活の6年目、できることは全部やって今まで最高の年にしたいと思う。”

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース