Joe McKeehenは2ミリオンを追加ゲットできるか?

66b886f6bf

2015 World Series of Poker Main Eventのニュースをフォローしているのであれば、Joe McKeehenが2位に大差を付けて断トツのチップリーダーであることに気付いているのだろう。今年の夏を通して稼いだ63.1ミリオンに更に上乗せする可能性があると、近頃の彼の動きを観察すれば、容易に分かることなのであろう。

事実上、 McKeehenの所持チップはノベンバーナイン下から5名の合計よりも多かった。Max Steinberg, Thomas Cannuli, Josh Beckley, Patrick Chan, 及びFederico Butteroni等の5名の合計は56.675ミリオンだった。また、5位のSteinbergと4位の Pierre Neuville、3位のNeil Blumenfieldはそれぞれ約2ミリオン前後のチップを所持されており、それ程大差はなかった。

過去にもメインイベントの最終日がスタートした時点で、大幅なリードでチップリーダーになった人がノベンバーラインに入れなかったことや、僅かなリードでチップリーダーになった人が、最終的に負けた事例があった。

過去事例を見てみると、メインイベントの最終日でチップリーダーになったとはいえ、ファイナルテーブルで優勝すること等、いい成績が取れる保証がない。そこで質問だが:McKeehenはどのようにして自らの利点を最大限に発揮しファイナルテーブルに向けての戦略を練ればいいのか?

McKeehenはメインイベント7日目のラスト2テーブルで行われるスモールスタックでのショートハンドについて不満を示していた。当時の彼は既に40ミリオン程のチップを手に入れ、少しストレッチしても良いようなタイミングだったが、ペイアウトが少なくなってきたことに加えて、彼はテーブルに座っていたその他のプレイヤーを更なる窮地に追い込もうとしていたそうだった。

時は2007、ノベンバーラインという制度が設立される前の年だった。ベスト9からベスト3へ行くには135から276ハンドのプレイが必要なのは、どのイベントにおいてもそうだった。ファイナルテーブルに入って最初の数レベルでは、2時間の間に行われるプレイはどれも50ハンド未満、即ち下位6名のプレイヤーが淘汰される前に、3.5レベル程のプレイが期待できるという計算だ。

その年のプレイはレベル35(ブラインド200,000/400,000, アンティ50,000)までだったが、今年の11月頃に行われるファイナルテーブルでは、凡そ30分くらいでそのレベルに達すると予想される。

スリーハンドプレイまで進むのは、例年よりペースが早まるかもしれない。 ChanとButteroniのチップは僅か6ミリオン弱、CannuliとBeckleyは二人とも13ミリオン未満のため、レベル36 (ブラインド 250,000/500,000, アンティ 50,000) のコスト負担について、彼らは免除される。そういう対応がなければ、McKeehen以外の参加者はブラインドとアンティの強制ベットに追い込まれ、イベント開始約7時間後のレベル38が終了下地点で退場させられるかと思われる。

その一方、最初のフルレベルで6ミリオンくらいのブラインドとアンティを負担するのは、60ミリオンほどのスタックを持つMcKeehenに与える影響は少ないかと見られる。彼は最初の2時間でうとうとしながらプレイするほどの余裕を持っている。

しかし、McKeehenは何人かの自然消滅を待つ気がなく、全力を尽くしてゲームに臨めば、彼の所持チップはミリオンレベルの成長を果たせるかと見られる。

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース