McKeehennoのチップカウントは近年のWSOPの中で最高なの?

eb8686ed7c

2015年の夏を包み込んでいたWSOPメインイベントが一段落し、ノベンバーナインが再びポーカーの最高タイトルを獲得するためのバトルに召集されるのは、後4ヶ月弱。カードの匂いが再び空気中に充満した頃、観客の目線を向ける先は、チップリーダーの Joe McKeehenだろう。彼の所持チップは約トータルの3分の1、2位の倍以上だった。

McKeehenは対戦相手の8人より大きくリードしているのが明白だが、McKeehenのリード幅は、同じくWSOPメインイベントのファイナルテーブルに進出した前回までチップリーダーに比べてどうなのかが気になるものだ。2004年までの間を遡って歴年のデータをチェックしてみよう!

2004年から2014年までに誕生したチップリーダー11名の内、8名が最終的にトップ3に入っていた。この情報はMcKeehenにとっていい兆しになるのは、彼はチップリーダーだけでなく、対戦相手を大きく突き離したリード幅も彼を勝利へ導く要因になりそう。ファイナルテーブルでチップリーダーがトップ5まで勝ち上がれなかったのは、大方の予想を覆した2007年のPhilip Hilmのみで、最終順位は9位に終わった。

もう一つ気になるのは、ビッグブラインドのギャップ。2980万のスタックでチップカウント2位だったOfer Zvi Sternの74.5より、McKeehenは83.5も上回っている。それ程のギャップがあってもやはり近年最高に至らず、2004年までの間を遡ってチェックした結果、2009年のDarvin Moonは、100.5と近年最高のギャップを記録し520万ドルの準優勝賞金を獲得していた。

最後に、チップシェアから見るチップリーダーの占める割合について、McKeehenは2004年からの最高記録を刷新し、2004年のGreg Raymerの32.4%をやや上回り、0.4%増の32.8%を記録した。

Baidu IME_2015-7-22_16-4-35
Baidu IME_2015-7-22_16-5-15
Baidu IME_2015-7-22_16-5-41
Baidu IME_2015-7-22_16-6-16
Baidu IME_2015-7-22_16-7-6
Baidu IME_2015-7-22_16-7-37

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース