Stephenkに教わろう、トリプルドローにおける3つのヒント!

baa0052007

過去半年間の間、UK出身のStephen Chidwickはトーナメントサーキットを通じてスターに変貌。ライブトーナメントで400万ドル以上を稼いでいる彼は、あらゆるポーカーゲームで自らの才能の高さを実証している。

その中で、Chidwickの一番の気に入りは2-7 Triple Draw(デューストゥセブントリプルドロー)だった。彼はそのゲームのストラテジーについて語る。

彼はこの戦略を今年のSpring Championship of Online Poker、及びWorld Series of Pokerが始まる前から実践していた。事実上、彼は短期間にしてEvent #11-M: $215 2-7 Triple Drawで381人を相手に準優勝を取り、2015年SCOOPの開催期間に、8回入賞し4回のファイナルテーブル進出を果たしている。

Chidwickはラスベガスでもその腕を振るい、$10,000 Seven-Card Stud Hi-Low Split-8 or Better Championshipを含めた2回以上のファイナルテーブル進出に成功している。

気になるそのストラテジーとは?とChidwickに聞いた所、彼は下記3つをコメントしている。

1、デュース(2の札)を手に入れること

“このゲームをプレイする人は皆それを狙っている”Chidwickは語り始める。一番よくあげているアドバイス、特に新人プレイヤーには、”まずはデュースを手に入れることが一番重要なポイントだ。”

「2」を持ってなければ、それに次ぐ選択として、”8、3、x、x”という組み合わせがいいと思う。”x”に8と3の間にあるカードをドローすればいい。ただ、これほどのハンドが引けても勝つ保証はない。

2、ドローが多かったらチェック、少なかったらベット

”相手が自分より多くドローしていれば、チェックよりもベット、攻めのチャンスだ。逆に自分の方がより多くドローしていれば、チェックは無難な選択かもしれない。取られる分は少なくて済むはずだ。”

3、虚勢を張っても良い時があることを忘れない

ペアやそれ以上に悪いハンドを配られても、良いハンドを持っているように振る舞うこと。後で虚勢を張るために必要な演技だ。特に素直で人を疑いそうにない対戦相手なら、通用するやり方だ。

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース