ついに誕生、2015年WSOPのノベンバーナインの素顔に迫る!

636cab0265

2015年のWSOPには6,420人のプレイヤーが参戦し$60,348,000の賞金プールを積み立てられたが、7日間に渡る激戦の末、ファイナルテーブルへの進出メンバーが決まった。今年のノベンバーナインにランクインしたプレイヤーたちはそれぞれ年齢・ゲーム歴が違い、中にはチップリーダーのJoseph McKeehen、ヨーロッパポーカー賞の生涯業績賞を受賞したばかり72歳のPierre Neuville、及びWSOPブレスレットウィナーのMax Steinberg等がいた。

2015年WSOPノベンバーナインリスト

Baidu IME_2015-7-16_12-16-54

シート1:Zvi Stern (イスラエル) — 29,800,000 (74.5ビッグブラインド)

近頃イスラエルではタフなポーカープレイヤーを育てているとの噂があるが、36才のZvi Sternもその例外ではない。ヘルツリーヤ出身の彼はノベンバーナインの2位まで上り詰めた。

Sternがその他のイベントで入賞した記録は僅か2回だった。1回目は2008年WSOPの$1,500 Limit Hold’em Shootoutで63位の成績で賞金$5,055を獲得、2回目はPokerStars Caribbean Adventure $25,000 High Rollerで34位の成績でボーナス$44,540を入手。

Sternは賞金額$49,595でイスラエルのall-time money listで85位となっているが、ノベンバーナインにランクインしたことで少なくとも$1,001,020の賞金を獲得するため、順位は間違いなく6位まで上がり、Rafi Amit ($956,293)の上に来るだろうと思われる。

下記はSternがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_15-26-41

シート2: Pierre Neuville (ベルギー) — 21,075,000 (53ビッグブラインド)

今年の年頭に、ヨーロッパポーカー賞の生涯業績賞を受賞した72才のPierre Neuvilleは彼の受賞スピーチで感謝の気持ちを表しながら、自らの功労を謙虚に否定していたのだった。

”また自己ベストを更新する、勝つのには遅すぎることはない。”とNeuvilleが語った。”ありがとうと言いたい所だが、私はまだこれからだから。”

大多数のプレイヤーにとって、生涯業績賞は自らのキャリアが頂点に達している証と受け止められているのだが、Neuvilleはそうだとは思わない。ノベンバーナインの4位にランクインした時点から、彼はファイナルテーブルに備え自らの実力を温存し始めているそうだ。

下記はNeuvilleがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_16-33-48

シート3: Josh Beckley (Marlton, ニュージャージー, USA) — 11,800,000 (29 ビッグブラインド)

ニュージャージー州Marlton出身で24才のJosh Beckleyはプロポーカー選手であり、通算獲得賞金$219,526、キャリア最高記録は2014 Parx Casino Big Stax VII $1,500 Eventで$98,348を獲得すること。その他は2015 ParxCasino Big Stax X $300 No-Limit Hold’emで$53,564、2週間前に行われた$1,500 No-Limit hold’em eventで$33,932を獲得した記録を残している。

下記はBeckleyがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_17-27-8

シート4: Max Steinberg (オークランド, カリフォルニア, アメリカ) — 20,200,000 (50.5 ビッグブラインド)

Max Steinberg、27才、ノベンバーナインの中で唯一のブレスレットウィナー。 2012 WSOP Event #33 $1,000 No-Limit Hold’emで合計$440,238の優勝賞金を獲得し、ゴールドブレスレットを入手。2,795人のプレイヤーを相手に戦い、ファイナルテーブルまで進出していたのは、 Ryan Laplante (7th-$56,372), David Nicholson (6th-$75,314), Dylan Hortin (4th-$139,258) and Matt Stout (3rd-$192,813)等がいた。

Steinbergには双子の兄弟がいて、フルタイムでポーカープレイに取り組んでいる。数多くのトーナメントで実戦経験を積み重ね、総額$1,936,457の賞金を獲得している。キャリアには、 2010 WSOP $1,500 No-Limit Hold’em eventでPascal Lefrancoisに次いで準優勝を取り、賞金$352,916を獲得したことがある。

下記はがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_17-30-15

シート5: Thomas Cannuli (Erma, New Jersey, United States) — 12,250,000 (31 Big Blinds)

Thomas Cannuliはダークホースだった。一般の人があまり関心を持ちそうにないプレイヤーだが、彼のプレイをよく観察すると、彼は我々が想像している以上の実力を持っていることに気がつく。

彼はライブトーナメントで$52,235を獲得し、2013 Venetian Deep Stack Extravaganza III Main Eventで26位になって$13,473、2014 WSOP Circuit Harrah’s Philadelphiaで8位になって$13,648の賞金をそれぞれ獲得。

下記はがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_17-31-58

Seat 6: Joe McKeehen (North Wales, Pennsylvania) — 63,100,000 (158 Big Blinds)

メインイベントの4日目にチップリーダーになった以来、米国ペンシルベニア州北ウェールズ出身、24才の Joe McKeeheノンベンバーナインの有力候補となっていた。数々のトーナメントで$1,995,070程の賞金を獲得している彼は、参加者の中でもかなりのベテラン経験者である。

McKeehenがポーカーを始めたきっかけは、2003年のポーカーブームの中でテレビでライブイベントを見たことだった。もちろん当時の彼はまだカジノの合法年齢になってなかったからプレイできなかったが、彼は既にオンラインで活躍の場を探し求めていた。
20才となって、彼は$2,150 No-Limit Hold’em TurboというPCAのサイドイベントに参加し初めて6桁の賞金$116,230を手に入れた。

”相手が緊張しているように見えたら、僕はその相手の仕草から何かしらのメッセージを読み取ることができる。それはオンラインではできないことなんだよね。”McKeehenは説明した。”多くの相手は経験者だと思うが、かなりのライブ経験を積み重ねてきた僕には相手の動きを正確に読み取る力を身に付けている。その技をこれからの実戦で対戦相手を凌ぐアドバンテージとして活かしていきたいと思う。”

下記はがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_17-32-58

Seat 7: Patrick Chan (Brooklyn, New York, USA) — 6,225,000 (16 Big Blinds)

ノベンバーナインにランクインしたことはPatrick Chanにとって、キャリア最高の記録となるだろう。彼は過去に6桁以上の賞金を2回獲得したことがある。2012 Borgata Fall Poker Open Championshipで3位で$131,895、2014 WSOP Event #8: $1,500 Millionaire Makerで12位で$100,689の賞金をそれぞれ獲得。また、今年の1月にもParx Casino Big Stax $2,500 Championshipで準優勝となり$71,449の賞金を手に入れている。

下記はがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_17-38-20

Seat 8: Federico Butteroni (Rome, Italy) — 6,200,000 (15.5 Big Blinds)

25才のButteroniは現在イタリアのall-time money listでの順位は450、獲得賞金は$103,006だが、WSOPでの健闘で100万ドル以上の賞金を手に入れ、順位が一気にトップ20まで急浮上した。更に11月に予定されているファイナルテーブルで1位か2位になれたら、彼は間違いなくMax Pescatori ($4,079,534) に代わって、トップの座を手に入れる。

下記はがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_17-39-16

Seat 9: Neil Blumenfield (San Francisco, California, USA) — 22,000,000 (55 Big Blinds)

Neil Blumenfieldは過去に2012年のWSOPメインイベントに参加したが、285位で終わり、獲得賞金は$38,453だったが、彼のキャリアでは最高だった。3年後に再びこの会場を訪れ、ただのディープランだけでなく、ノベンバーナインにまでランクインされるのは、彼にとって思いもよらぬ嬉しい出来事だった。

61才の彼はソフトウェア関連事業のベテランで、カリフォルニア大学から政治学の学士資格を取得している。今はElastic Intelligence, Inc.で取締役の補佐役として活躍している。

下記はがメインイベントでのトーナメント明細である

Baidu IME_2015-7-16_17-40-19

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース