間違えて出場したポーカー大会で1000万円獲得

resize

6月16日、香港紙「サウスチャイナモーニングポスト」によると、ラスベガスで開催されたポーカー大会で、米国人男性が間違えて出場したトーナメントで偶然にも優勝を果たし、賞金約8万1000ドル(約1000万円)を獲得したことが分かった。

この男性はミネソタ州に住むベトナム系米国人でプロのポーカープレーヤー。5月27日からラスベガスで始まった世界最大のポーカー大会「ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)」に参加した。

男性は当初、期間中に開催される68種のトーナメントのうち、「テキサスホールデム」に出場するはずだったが、申し込みの手違いでルールや戦略も違う「2-7ドロー・ローボール」のトーナメントに1500ドル(約18万5000円)をバイインして出場してしまう。

ゲームが始まるまで間違いに気づかなかったものの、隣席した出場者にルールを教えてもらいながらプレーを続行した。その後、男性は偶然にも3日間のトーナメント勝ち進み、見事に出場者219人の頂点に輝いたという。

臨席した出場者によれば、優勝した男性は経験のあるポーカープレイヤーだったが、出場したトーナメントのゲームに関しては何の知識も持っていなかったという。

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース