ワールドポーカーツアー・シーズン11のグランド・プリックス・デ・パリ DAY2

ワールドポーカーツアー・シーズン11のグランド・プリックス・デ・パリ DAY2 チップリーダーのPhilipp Gruissem

ワールドポーカーツアー・シーズン11のグランド・プリックス・デ・パリ DAY2 チップリーダーのPhilipp Gruissem

水曜日、ワールドポーカーツアー・シーズン11のグランド・プリックス・デ・パリのDAY2がアビテーションクラブ・デ・フランスで行われた。143人で始めたDAY2は90分の4レベルの戦い後、63人となった。

Philipp Gruissemが280,600チップを持ってチップリーダーとなった。彼は、この日の半ばに一気にチップリーダーに上り詰めた。負けることもあったが、相手にいやがられるようなプレーをした。例えば、Peter Jettenがカットオフから2,500にレイズ。Salman Behbehaniがボタンからコール。Jettenはスモールブラインドからスリーベットで10,600にレイズ。Gruissemはコール。Behbehaniはフォールド。

フロップ:{8-Spades}{j-Hearts}{q-Spades}

Jettenは12,000をベット。Gruissemが28,000にレイズ。Jettenはそれをコールした。

ターン:{10-Diamonds}

Jettenはチェックして、Gruissemが38,000をベットし、Jettenはフォールドした。

Gruissem以外にも、Bryan Colin (243,300), Matt Salsberg (229,700), Juha Helppi (222,800), and Giacomo Fundaro (216,100) がチップをのばし、200,000以上のチップでDAY2を終えた。

DAY2終わった時点のトップ10

ランク 名前 チップ
1 Philipp Gruissem 280,600
2 Bryan Colin 243,300
3 Matt Salsberg 229,700
4 Juha Helppi 222,800
5 Giacomo Fundaro 216,000
6 Mohsin Charania 196,300
7 Antony Lellouche 184,800
8 Fabian Quoss 178,900
9 Andrew Lichtenberger 178,600
10 Idris Ambraisse 175,200

 

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース