WSOPの影響で閑古鳥?イラリ・サハミが+5,500万円で2位

 6月、7月は米ラスベガスで年に一度開催の世界最大のライブポーカー大会、ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)の開催もあったため、比較的、活況に欠いたオンラインポーカーの世界。

それでもポーカープロのイラリ・サハミ(写真)はポーカースターズで70万6,291ドル、日本円にして約5,500万円の利益をあげ、単月の利益獲得順位では堂々の2位に輝いた。

 通常、単月収支でトップに立つプレイヤーは100万ドル以上を稼ぎ、一方でワーストの負け越しも、同じく100万ドル近くにのぼることが珍しくない。

しかし、今回はプラスのトップは72万5,390ドル、マイナスのワーストトップは69万ドルという結果だった。

詳細は、こちらから

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース