WSOP:メインイベント、日本人最高は64位のオグラさん

ラスベガスで行われているワールドシリーズオブポーカー(WSOP)のメインイベントは、現在トーナメント11日目のDay7が行われており、決勝テーブルへ進出する9名確定に迫る残り14名へと絞られた。
日本人では64位にオグラ・タカシさんが入賞し、参加費の10倍以上の賞金10万6,056ドル、日本円にして約837万円を獲得した。

 合計で6,598名が参加し、払い戻し賞金総額は約50億円にものぼったメインイベント、現在、残り14名への配当賞金は最低でも3,600万円が保証されている。
ちなみに今年の大会では大台の100万ドルに達するのは7位以上となっている。
トッププロではポーカースターズに所属するダニエル・ネグラヌの動向が注目されたが、160位で終え、賞金約420万円を獲得するに留まった。

 その他、188位に広島県出身のマサキ・ユウジさんがランクインし、賞金4万4,655ドル(約350万円)を獲得している。

詳細は、こちらから

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース