WSOP2012全トーナメント開催の折り返し!

 5月27日からラスベガスで開催されている世界最大のポーカー大会、ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)は、全行程の半分以上となる32のトーナメントが終了しました。
これまでに賞金総額5,180万2,214 USD、日本円にして40億円以上もの賞金が払い戻しされていた。

国別で見ると、やはりポーカーのメッカ、アメリカが優勝ブレスレット32個中25個を獲得、2位のカナダの3個にダントツの差をつけリードしている。
獲得賞金も支払われた金額のうち31億円以上を占めた。
因みに日本は入賞6回で約140万円であった。

WSOPの後半には参加費100万 USDという史上最高額のポーカートーナメントや毎年優勝賞金が7億円近くにのぼる参加費1万 USDのメインイベントなど、目玉トーナメントの開催が予定されている。今後の日本人プレイヤーによる活躍に期待したいところである。

※WSOP公式サイトはこちら

Share on Facebook

カテゴリー ● カジノ・ポーカーニュース